餃子ナイト

餃子ってたまに無性に食べたくなるときがある。

我が家では家族で餃子を大量に包み、ひたすら餃子を食す行事があります。通称「餃子ナイト」です。育ち盛りの子供たちも結構食べるので、4人家族で100〜120個ぐらいを用意します。

結構大きなトレーなんですけど、餃子のオンパレード。

そういえば、餃子を包むのって、皮を水で少し濡らして包みますよね?昔、都内に住んでいた時に駅前のスーパーの餃子店のおばちゃんが、もう目にも止まらぬスピードで、ひたすらに餃子を包んでいたんだけど、その方は水を使っていなかったんですよね。しかも片手で上手に包む。

当時、その餃子の皮を包む様子を見ては、餃子を食べたい衝動に駆られて、妻に餃子を買ってくれとせがんでいたのを思い出します。実演販売の術中に見事にはまっていました。

我が家の餃子はキャベツとニラにと牛豚の合い挽き肉を使用。たまにしいたけや干しエビを入れることもありますが、シンプルな餃子が好きです。キャベツとニラはフードプロセッサーにかけたあと、丁寧に水分を搾り取ります。肉は野菜と混ぜる前に味付けをしておくのがポイント。

ちょっと、盛り付けで崩れちゃったけど、パリパリでジューシーな餃子の出来上がり。タレは各自が好きにブレンド。(私は醤油とお酢の割合を1:2でラー油を多めに。)そういえば、最近下火になってきた食べるラー油ですが、我が家ではブームになる数年前から石垣島ラー油を使っていました。高島屋に入荷しているのを見つけては数本単位で購入して、知り合いにプレゼントしたりしてたんですよね。

次々と焼き上がってくる餃子を食べながら隅田川花火大会のTV中継を見ていたら、遠くに本当の花火が打ち上がっているのが見えました。餃子に花火に冷えたビール。夏って最高ですね!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です