人類の起源を検索しました

「人類の起源を検索してはいけない」

8月公開予定の映画「プロメテウス」のティザーにこんな思わせぶりのキャッチコピーが。

「人類の起源を検索してはいけない」

・・・なんですと!?

なので、すぐに検索(笑)

すると・・・・

一番上に来たのは「人類の起源と進化」というサイト。広告とGigazineさんに挟まれて余計に際立ちます。映画とは関係ないサイトですが、気になるので内容を見てみると、そこには驚くべき事実が書いてありました。

「ミトコンドリア・イヴ」

現在、世界にちらばる人類のDNAは、16万年ほど前にアフリカに住んでいた「ミトコンドリア・イヴ」と呼ばれる、ホモサピエンスの女性を発端にしているということ。今まで世界各地で発掘されたいたネアンデルタールなどの原人たちは絶滅し、アフリカから世界各地に渡っていったホモサピエンス一種のみが生き残ったとのこと。いわゆるアフリカ単一起源説です。それについては、なんとなく知っていたことですが、ミトコンドリア・イブの話がとても興味深かったのです。

DNAは必ず母親から子に継承されます。子供の中に女の子が生まれなければそのDNAは途切れてしまいます。このDNAの継承ルールで母親の母親の母親・・・と辿って行くと最終的には一人の女性に行き着きます。これを誤解して、人類はミトコンドリア・イヴなるたった一人の女性から始まったと思ってしまう人がいるようですが、そうではなくて、現代人のDNAの系統樹をたどっていくと、16万年前のアフリカに暮らしていた共通の女性の祖先たちがいたということです。このミトコンドリア・イブの話を検索するとさらに面白かったです。

さて、話を映画に戻しますが

リドリー・スコット監督の出生作ともなった「エイリアン」の、前日譚たる内容となるプロメテウス。ティザームービーではスペースジョッキーがチラッと見えましたね。彼らは一体何者なのか?人類との関わりは?エイリアンもギーガーの世界観も好きな私は今から公開が楽しみです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です