iMacの帰還

なんか、勇者の帰還みたいな感じですが、修理に出したiMacが無事に戻ってまいりました!

今回、1年間の保証期間内だったのでAppleの「Express Lane」という電話サポートを利用しました。このサービスを利用するにはあらかじめ製品のシリアル番号が必要となります。HP上のウィーザードにしたがっていくと、最終的に電話のサポートを、自分の都合の良いタイミングで連絡するか、Appleから連絡をもらうか選択できます。

自分は前者を選んだのですが、メールで問い合わせ番号を受け取り、サポートの人と電話でやりとりをして、修理となりました。こちらから連絡したら電話がすぐに繋がるのにはビックリ。

さらに驚いたのはAppleの対応の早さ。申し込みは23日。ピック&デリバリーの集荷が25日の夕方。27日の朝にAppleで受領完了のメールが送られてきたと思ったら、その夜に発送しましたメールが来て、本日28日に到着。想像を超える早さです。

さてさて、気になる修理の内容ですが、修理内容のレポートを見ると・・・!

・電源ユニットの交換
・ロジックボードの交換
・ビデオカードの交換

これってほとんど交換?
光学ドライブとHDD以外は、ほぼ新しくなってしまいました(笑)

今回は保証期間内で良かったなと安堵しつつも、はじめてMacのトラブルに見舞われて少々ショックな気持ち。Macのない生活はやっぱり寂しいのでした。

大事なMacが壊れたとき、もちろん、ジーニアスバーに持ち込むのも良いですが、電話サポートなら「Express Lane」の利用をオススメします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です