Vanity is Forever – Geoffrey O’Connor

オーストラリアのインディーズシーンで人気のバンド「Crayon Fields」のフロントマン、Geoffrey O’Connorのソロアルバム。シンプルなシンセサウンドとセクシャルなボーカルが印象的。ちょっと退廃的でロマンチックなサウンドがお好みな人へ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です