ミッション:インポッシブル – ゴースト・プロトコル

連休の最終日。思い立って映画「ミッション:インポッシブル – ゴースト・プロトコル」を観てきました。

監督は「レミーのおいしいレストラン」や「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード。この作品は彼にとって初めての実写作品。どんな映画になるのか?今までの作品がすべて高い評価を得ていたこの監督の作品ならば期待度も高まるはず。

さて、俳優陣もジェレミー・レナーをはじめ個性派ぞろいですが、主人公のイーサンを演じるトム・クルーズは現在49歳。さすがにアクション映画は厳しいかと思いきや、しっかりアクションも魅せます。ノースタントでアクションに挑みます。ナイトアンドデイも良かったけど、この作品のトムは本当にカッコイイ。

そして、このシリーズの魅力といえばスパイ道具。今回も様々な道具が登場しますが、やはり印象的なのは、ドバイの超高層ビル「ブルジェカリファ」を特殊なグローブで登るシーン。高所は好きでない自分は、映画だとわかっていてもヒヤヒヤしっぱなしでした(汗)

秘密道具ってわけじゃないけど、iPhoneも結構使っていましたよね。siriの音声認識っぽいらしいやりとりもありましたぜ。

ストーリーもシンプルだし、最近のこの手の映画にありがちな、テロリストや過激な犯罪組織の陰謀を阻止するって内容ではありますが、伏線も丁寧に拾っていて、さすがブラッド・バード監督!という素晴らしいまとめ方だったと思います。

そんなわけで、この映画は飽きさせない、期待を裏切らない(良い意味で裏切る)作品でした。おすすめします!

ロシアのクレムリンで爆破事件が発生、その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハントとそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル」を発令。イーサンチームはIMFから登録を抹消され、国や組織という後ろ盾を失ったまま、「クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐ」というミッションの遂行を余儀なくされる。黒幕たちの取引の現場は、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファ。難攻不落の天空城に、特殊粘着グローブと命綱一本で外部からの侵入を試みるイーサンだが・・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です