世界侵略:ロサンゼルス決戦

年末にApple TVで「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を見ました。

イラク完全撤退中のアメリカ。やはり、戦争によって疲弊した経済を立て直すことが最重要なのでしょうか?この映画はそんなアメリカの複雑な状況が見え隠れしているような気がします。海外派兵には消極的ですが、それでも愛国心はしっかり宣伝しようという作戦です。そこで、今までプロパガンダのように映画の中で敵国としてきた国々ではなく、「地球外生命体」を相手にしてアメリカ海兵隊が戦います。

映画はプライベートライアンとフルメタルジャケットを足したような感じ。1小隊にフォーカスして宇宙人に侵略されたロサンゼルスでドンパチします。それにしても、この映画に出てくるエイリアンは昨今の宇宙人の中では、かなり打たれ弱い(映画の中では硬いが・・・)部類だと思います。自動小銃の弾が通用してしまうのです。なんか、「正体不明の敵だって、探せばどこかに弱点あるんだぜ!」みたいに勢いでやっつけてるところがあります。

良くも悪くも「撤退ノー!海兵隊は不屈だぜウィアー!!」というだけの映画なのですが、それなりに楽しめました。

2011年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、若い少尉・マルチネス率いる小隊が到着。除隊間近のナンツ2等軍曹も配属された小隊は、取り残された民間人救出の命を受ける。タイムリミットは3時間。その後は空爆が行われるのだ。破壊された市街地で、彼らは未知の敵に遭遇した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です