THE ORIGIN – 最終巻を読み終えて

遂に終わってしまった

ファーストガンダムを知る者にとって、物語の結末はわかっていました。だからこそ、改めて「この終わり方」でよかったんだなぁと思いました。レビューにある否定的な意見(あらたな境地を期待していた)も理解できるけど、僕達は「ガンダム」を期待していたのであって、それは安心というか、やっぱりこの作品へは愛着、尊敬といったものが多分に込められているのですよね。だから壊してほしくはなかった。安彦 良和氏はその辺を最もよく理解し、慎重に物語をさらに深みのあるものへと昇華させてくれたように思います。

なんといっても、アニメ作品と違って、連邦とジオンというイデオロギーもよく描かれています。そして、ジオン側の一兵まで人物が描かれていることで、より群像的な物語としての面白さがあります。小説やスピンオフアニメでもそういう描画はあったとは思いますが、オリジナルだからこそ意義があると思うのです。

だから、自分はこの「THE ORIGIN」が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です