スティーブ・ジョブズ I – ウォルター・アイザックソン

スタンドアローンのアプリ版が出るという情報があったので、当初そちらにしようかと思っていたのだけど書店の店頭に並んでいたのでやっぱり買ってしまいました。

昨日は半分程度を読みました。少し読んでみて感じたのは、今まで発刊されたスティーブ・ジョブズ関連の書籍とは別物だということ。ジョブズが好きな人であれば、ある程度のエピソードを知っていると思うけど、実際に40回にも及ぶ著者とのインタビューから引き出された彼の言葉がそれらの出来事を生々しくさせている。

ジョブズについて知らなかった人も、彼に批判的な人も一度ぜひ読んでみて欲しい。ビジネスリーダー、カリスマ創業者と崇められている表側の世界ではなく、創造と破壊を繰り返してきた彼の波乱に満ちた人生を。

幼少期の父親との思い出や、生まれ育った環境の話が面白いですよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です