相馬くんとの再会

今日は学生時代の友人、相馬紳二郎くんが出展する「くつくつくつく2」に行ってきました。場所は大江戸線勝どき駅より徒歩2分のところにある倉庫。キッズルームもあるのでお子様連れでもOK。喫茶コーナー「八百コーヒー店」が併設されていてくつろげますよ。

相馬くんとは学生時代、入学当時に席が隣だったこともあり、すぐに親しくなり、よく飲みに行ったり、ギター引いたりしていたのを思い出します。よく、渋谷のNHKホールや代々木公園で始発電車が運転するまで雑魚寝してたっけね(笑)

当時から彼は皮細工とかやっていたけど、まさか作家の道を歩んでいくとは想像も出来なかった。現在は栃木県で古民家を再生して住居兼、アトリエとして奥さんとお子さんと暮らしているとのこと。

相馬くんの作品は過剰な装飾は無く、シンプルで素朴なスタイル。留め具などは廃材などを利用したりして、既製品にはない味わい深い作品となっています。ファンの方も多いようで展示会中、次から次へとお客さんが相馬くんのところに訪れてきました。オーダーメイドの靴などは時間がかかり、現在は1年待ちくらいで仕上がるみたい。昔は2〜3年待ちというときもあって、それでも待つ人々がいるというから驚きです。それも、きっと相馬くんの人柄がそうさせているのだなと、採寸しながらお客さんと真摯にやりとりをしている姿をみて確信したのでした。

今日はパソコン用にクッションを2つお願いしてきました。完成まで1年くらいとのことだけど、完成を楽しみに待っています。もう一つカードケースも注文してきたけど、そちらは9月くらいには完成するとのこと。とどいたらブログで紹介しちゃいます。

相馬くんと久々に会えてうれしかった。そして、当時一緒によく遊んでいた友人の須原くんにもバッタリ会えて、うれしい×2でした。
そういえば、自分と妻の結婚披露宴の帰り、二人を送ってくれた古いスバルREXにまだ乗っているのには驚いた(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です