iPhone 5への期待が高まる

以前噂レベルのiPhone 5への期待が高まっています。

Hotwired:「盲目的信仰:35%が『iPhone 5』を買うと回答

まだ触ったことも、見たこともない段階で製品を買いたがる人々がいるというのは、ブランドへの信頼としては素晴らしいものだ。3,000人弱を対象にした調査で、35%もの人が『iPhone 5』を買うと回答したのだ。

iPhone 5購入を検討する際に重要とするポイントは

「バッテリー持続時間」(59%)、「価格」(55%)、「4Gネットワーク対応」(46%)、「大画面」(45%)、「カメラ性能」(42%)]

さらに、回答者の69%が、プレゼントとしてもらうなら、今後発売が予定されているスマートフォンである『Droid Bionic』『Galaxy S II』『BlackBerry Curve』などよりもiPhone 5が欲しいと答えたそうで、その圧倒的な人気の理由としてHotwiredでは「App Store」の完成度を挙げています。

App Storeは高品質で安全性も高く、そして何より消費者が選びやすいというメリットがありますが、他のアプリ提供サイトでは開発者が十分に利益を得られなかったり、マルウエアの存在、アプリの充実度などが問題となっているようです。

しかし、その一方でAppleのコンテンツ管理については30%(?)というマージンの高さや、突然の価格変更、アプリの外部サイト接続の遮断など、横暴とも言える行為に、批判が高まっているのも現実。先日、友人とその話をしたのだけど、クオリティを維持することも大切だけど、やはりデベロッパーを大切にしてほしいと思うのでした。

話はそれましたが、iPhone 5はアクセサリーの在庫消化が進んでいることなどから、従来機種とデザインが大幅に変更されることが予想されます。ひとつはアンテナの改善でしょうが、ホワイトモデルの塗装問題などもありましたので、材質や外観の変更は十分にありえるのではないかと思います。個人的にはNFC対応をお願いしたいのですが、今回のモデルでは可能性低そうですよね。

あとは発表のタイミングがいつなのかが気になります。8〜9月頃というのが大方のApple系サイトで噂レベルとして上がっていますが、真実はいかに。何はともあれ期待度が高い機種ということは間違いなさそうですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です