ウォール・ストリート感想

映画「ウォール・ストリート」見てきました!

冒頭でゴードン・ゲッコーが、刑務所から出所するときに渡される携帯電話が時代の流れを感じさせた。マイケル・ダグラスは病気を患っていたので少し痩せた感があったけど、ものすごい存在感で、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガンらが圧倒されていたと思う。

大手投資銀行の破綻やサブプライムローン問題といったアメリカの近年の経済危機が物語の背景として描かれていて、FRBでのやりとりなど、アメリカの金融業界の側面を垣間見れて面白かったけど、物語の随所に出てくるCGがリアル感を損ない、興ざめしてしまいます。説明的な演出は全く必要ないと思います。

そして、オリバー・ストーン監督ということで、もう少しヘッジファンドのきな臭い部分とか、人間のドロドロとした部分を描くのかと思ったけど、意外とあっさりとしていて、トレンディドラマのようなストーリー展開、エンディングも大団円でした。映画としては面白いのだけど、波乱な物語を期待していた自分としてはいささか消化不足な内容です。

オリバー・ストーン監督&マイケル・ダグラス主演による名作「ウォール街」の23年ぶりの続編。前作の最後に逮捕され収監されたウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(ダグラス)が長い刑期を終えてニューヨークに帰ってきた。疎遠になっていた娘ウィニーとの関係修復にとりかかるゲッコーだったが、ウィニーは強欲な犯罪者の父親を毛嫌いしていた。そんな中、ゲッコーはウィニーの婚約者でウォール街で一旗揚げようとしている野心家の青年ジェイコブと出会う(映画.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です