無私の精神

教職を退いてから私財を投じ、知的障害のある子供たちと一緒に急斜面の山を開墾してぶどう畑を作り、障害者の更生施設「こころみ学園/ココファーム」を立ち上げ、半世紀もの間、障害者の自立支援を行って来た川田昇さんが、昨年の12月19日お亡くなりになったそうです。

川田さんは特殊学級の生徒たちが就職しても、不況になればまっさきにリストラされてしまうことを懸念し、それならばとご自身で引き取る決心をされたそうですが、まさに無私の精神がなければこのように長きに渡って学園を維持することは出来なかったと思います。

私はその志に共感し、少しでも貢献出来ればと思い、毎年ささやかではありますがワインを買わせていただいています。かれこれもう10年以上になります。収穫祭では園生たちが誇らしげに自分たちの作ったワイン販売のお手伝いしている姿が印象的です。

昨年の11月の感謝祭で川田さんがマイクでスピーチをされていましたが、車椅子だったので具合が悪いのかと案じておりました。まさかその後すぐにこのようなことになるなんて・・・。とても寂しい気持でいっぱいです。人生の大半を障害者の支援に捧げた川田さんに謹んで哀悼の意を表したいと思います。

そして、川田さんの精神を受け継いだブルース・ガットラブさんをはじめ、スタッフや園生がこれからも素晴らしいワインを作っていくことを心より応援しています。

http://www.cocowine.com/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です