ひつじが丘

この物語は人間の愛、罪の深さ、業の深さを描いた傑作。「愛することは、ゆるすこと」 という主人公の父の言葉がすべてを物語っています。人間はいつのときも愛に悩み、翻弄されながらも信じて生きていくしかないのですね。「愛している」という言葉の重さについて深く考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です