二十億光年の孤独

私は意外と詩が好きなようです。

というのも、ブクログを始めるにあたって自分の本棚を覗いていたら、意外なほどに「詩集」たるものが数多く存在していたのです。(ブクログはまだまだ蔵書を登録中)でも、その事実を以てあらためて納得。詩集や戯曲の類はなんというか、リズミカルで読んでいると心地良いですし、読後の余韻というか、考えるひとときが楽しいですからね。

偏に詩集と言っても情緒的なもの、哲学的なものなど数多く存在しますが、私が敬愛する谷川俊太郎氏はシンプルだけど、とても深い言葉を紡ぎ出します。

その谷川氏の原点とも言える処女作品が初の文庫化です。

Pocket

「二十億光年の孤独」への2件のフィードバック

  1. 我らが母校(中学)の校歌の作詞は
    谷川俊太郎さんでしたね・・・
    校歌っぽくない校歌で好きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です