ジョブズがFlashを嫌う本当の理由

maclalala2さんの「Steve Jobs が Flash を嫌う本当の理由」を読んで。

なるほど。これはかなり核心に近い内容ではないかと思いました。Appleはクラウドが主流になり、ワイヤレスネットワークが普及していけばどうなるのかわかっているわけですね。やはりPCの限界というか、PCビジネスの閉塞感があるわけです。

AppleはPC市場の終焉にそのまま巻き込まれるのではなく、そのパラダイムシフトを自ら巻き起こし、ビジネスユース以外のPCをiPadによってリプレース(拡張という方が正しいかも)するつもりなのかな思いました。

これは他の企業にも同様に大きなチャンスが生まれるということでもあるのですよね。目指すは未開のブルーオーシャン。HPが最近Palmを買収してWeb OSを手に入れたというニュースが報じられましたがこの動きは加速的となりそうです。

この論考を読んで、ブルーオーシャンへいち早く出航したAppleと、大陸を自由に往来する便利な鉄道を建設中のAdobeとでは全く意見がかみ合わないだろうなと感じました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です