アバター

お正月らしく家族で映画を見てきました

昨年からずっと楽しみにしていた「アバター」です。

ジェームズ・キャメロンが構想14年、正作に4年を費やしたという超大作。これはもう完全にSF映画という枠を超えています。最近のCGは良く出きているからと軽く思っていると油断しますね。CGで描かれる惑星パンドラの自然、生き物たちは本当に命を吹き込まれて息づいているよう。今までのCG映画だけでなく、どんな大作をも凌駕する圧倒的な迫力と臨場感に満ちた2時間半でした。

3Dということでメガネ着用をするので、やや目が疲れた感じもしますが「そこにいる」感覚は絶対にメガネなしでは味わえないと思います。

久々に大満足の映画!!☆☆☆☆☆星5つです
これはぜひ劇場で見て欲しいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です