09 TDC展

GGGで「09 TDC展」を見て来ました。東京タイプディレクターズクラブが主催する国際的なコンペティション「東京TDC賞」の受賞作品9作品とノミネート作品、優秀作品などが展示されています。

グランプリは中村勇吾さんの作品。大型のタペストリーに表示されるFlashの作品は緻密でロジカルです。佐藤可士和さんのHPで使用されているコンポジションな作品が印象的でした。

あと、前から気になっていた渡邉良重さんの色彩が素晴らしいイラストのSOPHIEカレンダーが見れたので良かったです。幻想的で海外の絵本のようなシュールな作品。自分にはこういう感性は真似出来ないとつくづく思うのでした。

見終わって思ったのは、自分の感性の領域を、アイデアの引き出しをもっといっぱい持たなくてはいけないなということです。ディレクションをする人間は俯瞰したニュートラルな視点をもちつつ、表現を最大限引き出すブースターにならなければいけないですし。なかば強迫観念的になってしまっているのですが、知見を広げることは良いことだと思うのでさまざまな作品を意識的に見て、自分なりに考察するように心がけています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です