嗚呼マイティ(マイティマウス分解掃除)

妻のマイティマウスの調子が悪くなったので、ボールを水拭きしたり、いろいろ試してみたけど上方向にスクロールしないのが改善されないので思い切って分解して掃除してみた。

Web上調べた分解レポートによると、裏面外側のグレーの部分の接着をはがさないといけないようだけど、再接着が必要だとのことなので、以前macminiの開腹に使ったヘラを隙間に差し込んでやったらグレーの部品を外さないでそのままとれました。この場合、白いケーブルがついたままなので完全に開腹は出来ないのだけど、基盤に伸びているケーブルを二カ所はずして上蓋を180度ひねると、例のボールをカバーしてる黒い部品のネジにアクセス出来ることが判明!(細いドライバーがあれば上蓋の上方向にあるケーブルの隙間からネジに到達できる)完璧じゃないですか〜。

しかし、ボールを綺麗に掃除して元に戻し、いざ蓋を閉めようとしたら閉まらないではないですか。先のグレーの部品を残すと、左右の感圧センサボタンが上蓋と一緒に外れた状態になってしまうので、したの基盤にあるヒンジ部分に戻らなくなってしまうのです。

ガーン!!

結局グレーの部品を剥がして感圧センサボタンを装着し、接着剤を使って部品を戻すはめになりました。ここまでは丁寧な仕事で完璧だと思ったのですが上手くいかないもんですね。

しかも接着剤で接着して操作してみると、やっぱりスクロールはおかしい。

おかしい。。。。。

ダメじゃん!!

というわけで新しいマイティマウスを購入ですorz

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です