New iMacの感想

昨日届いたiMacですが、パソコン机の準備に時間がかかってしまい、設定ができたのは今日になってしまいました。

自分が購入したのは20インチの2.4GHz モデル。写真左が外箱です。真ん中はキーボードの箱を開けたところ。キーボードが本当に薄くて驚きました。アルミニウムの質感もいい感じです。しかし、今までのキーボードのタッチ感&キー配列が違うので多少戸惑います。特に拡張キーが変わってしまったので間違えそうで怖いです。ExposéはF3、ウィジェットはF4に割当られていました。こればかりは慣れるしかないですね。懸念していたキーボードの安定性ですが、薄くても剛性があるのでガタガタするようなことはありません。裏面は白いプラスチックですが、旧キーボードと違い、ゴミがたまらなくなっているのが素晴らしい!

本体は持ち上げてみると思ったより軽いです。覆っているカバーをはずすと、新しいiMacとのご対面です!!アルミニウムボディが高級感を醸し出していますね。旧モデルで不評だった下あごもモニターのまわりを黒フチにすることで面積を少なくみせてスッキリとしています。黒のリンゴがちょっぴり大人っぽい印象です。サイドから見ると、その薄さに驚きます。熱処理なんかは大丈夫なんだろうかと心配ですがそこはSantaRosaなので問題ないんでしょうか?

さて、実際に起動して動かしてみた感想ですが、core2のiMacと比較して起動、スリープからの復帰など動作も高速でキビキビ感がアップしています。メモリーもcore2のiMacの方からとりあえず1GBをもってきたのですが、問題なく使用できています。(BTOだと時間がかかるといわれたのでデフォルトで購入しました。サウンドもアンプの出力が上がったのか、かなり迫力があるように感じました。グラフィックチップのATI Radeon HD 2600 PROも4gamersなんかで評価が低かったので心配でしたが、ゲームのFPSもいきなり2倍になったので一安心です。

個人的にはiMacはコストパフォーマンス性が高く、非常に満足のいく内容でした。
これなら妻用にもう一台ほしいかも。

しかし、いくつか気になることがありました。ひとつはスリープランプ。これがなくなったので、モニターが消えていると起動しているのか、スリープしているのかわかりません。それからFrontrowのリモコンがマグネットがなくなって本体にくっ付かなくなったこと。これも残念な部分でした。

Pocket

「New iMacの感想」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: now and then

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です