WWDC2007

おひさしぶりです!仕事が忙しいことを理由に更新をさぼってましたが、久々のエントリーです。

ついにWWDCで完成間近の「Mac OS X Leopard」がお披露目となりましたね。いやぁスゴイですね。FinderがiTunesと同じインターフェイスになってしまいました。LANに接続されたWindowsマシンとの接続もワンタッチ、スマートフォルダでファイルへのアクセスへもスピーディー。そして、ファイルの表示方法にiTunesの「Cover Flow」までも採用し、より直感的なファイルへのアクセスを実現しています。さらにさらに、Dockも大幅にリニューアルされ、「Stacks」機能を搭載しました。これは自分がいつも使用するファイル、アプリへのアクセスを容易にするための仕組み。デスクトップをちらかすことなくワンタッチでアクセスできるようになりました。スマートフォルダもそうですが、ファイルは動的にソートできるようになってきています。さらにQuick Lookのような強力なファイルプレビュー機能の搭載により、ファイルを開くことなく確認できるそうです。

う〜ん、ここまでくると、まるでAppleが築き上げたデスクトップという概念を自ら打ち壊しているかのようですね。これは、たぶんiPhone、iTV、Mac、iPodといったアップルの様々なデバイス間での共通的な操作を実現するためにやっているためだと思われますが、こんな芸当はAppleしかできないですよね。Appleユーザーだけに享受される究極のユーザーエクスペリエンス…。素晴らしいです。

さて、「One more thing」でSafariのβ3が発表となりましたが、こちらはMac版だけでなくWindows版もリリースとなりました。Win版は日本語表示等で不具合がありますが、なかなか高速に動作しています。FireFoxやIEと比較されるブックマークの操作性の悪さもSpotlight機能でカバーされていたり、Tab 機能も改善されていて格段に良くなったのではないでしょうか。

そして残念ながら新ハードの発表はありませんでしたが、今回は正直、Leopardプリインストールモデルの登場まで待った方が良いと思いました(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です