文化庁とJASRACはいい加減にしてほしい

若旦那さんで紹介されていた林檎の歌さんの「アップルが文化庁は著作権行政から手を引けと主張」を読みました。「知的財産推進計画2006」の見直しに関する意見募集にアップルが意見したものですが、「科学的且つ客観的証拠に基づかない理由に依る私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべきである。」 と強く反対姿勢を表明しています。また、文化庁についても「鼻から「結論ありき」の審議会運営をする著作権事務局には真摯な姿勢は微塵も感じられず、もはや公平公正な著作権行政を運営する適切な省庁とは言い難く、速やかに著作権行政を他の省庁に移管することを強く望む。」厳しい批判を展開しています。

日本のコンテンツ産業の発展云々と行っておきながらコンテンツの多様な流通を阻害し、本当の著作権者、消費者にとって不利益の根源は権利者団体なのですよね。コンテンツ大国と息巻きながら権利を守ることの議論ばかりでもう少し私たち消費者がメリットを享受出来る内容にしていってほしいものです。

また、この件とは関係ないですがgoogleなどの検索結果のキャッシュ保存なども現行著作権法では違法になる可能性が課題になっているとか。

Pocket

「文化庁とJASRACはいい加減にしてほしい」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: The road ahead v.2.0
  2. ピンバック: SPOTLIGHT !
  3. ピンバック: now and then

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です