Zune対iPod

MacRumorsによると、Microsoftが発表した「Zune」はAmazonの「Amazon’s Top Selling MP3 Player list」で発売直後には6位になったようですが、その後失速し、23位にまで後退したとのこと。(現在は22位のようです)

マイクロソフトは多額のプロモーション費用を投入し長期戦を挑む覚悟なので今後の動向はまだまだわかりませんが、発売してすぐに大ブレイクとはいかなかったですね。やはり、先行企業を切り崩すには何かブレイクスルーが必要だと思います。ソニーにしろ、マイクロソフトにしろ、プレイヤー、ソフト、サービスが三位一体となったiPodに対抗するためには相当のレベルが要求されるわけで、同じ土俵で勝負するとかえって不利ですよね。個人的にマイクロソフトのSNS的なネットワーキングサービスは面白いと思うので、そちらに特化していければチャンスはあると思うのですがいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です