ユナイテッド93

今日は日比谷で「ユナイテッド93」を見てきました。

この作品は9.11でハイジャックされた航空機4機のうち1機だけ目標に到達しなかったユナイテッド93便の機内の様子を、当時のボイスレコーダーや乗客の携帯電話からの通話などを元に構成したフィクション作品ですが、手持ちカメラによる映像と、過剰な演出やBGMを抑え、ハイジャックされた機内の様子が淡々と描かれていて、自分もその場にいるかのような緊迫感がありました。

飛行機が無事に着陸するこがないと知った絶望的な状況の中、テロリストに立ち向かう人たち、ただひたすら恐怖におびえる人、家族に電話で別れを告げる人…。さまざまな人々の様子が描かれています。この物語の結末がわかっているだけに見ているだけで切なくなりました。そしてテロの実行犯たちも完全な悪として描かれているのではなく、彼らも普通の若者であって、ためらいを見せるような描写や、墜落の瞬間までひたすら神に祈り続けている様子などが描かれていて、いろいろと考えさせられてしまいました。

そして、上映終了後に画面が暗くなる瞬間の「静寂」がこの映画の全てを物語っているような気がしました。映画の内容は真実とは異なるかもしれませんし、絶賛するような内容でもないとも思いますが、とにかく多くの人に見てもらいたいと思った作品です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です