Boot Campその後

Boot Camp環境を構築して20日ほど経過しました。今のところゲームをしたり、動画を見たり、アンチウイルスソフトを起動するぐらいなので大きな問題も発生せず安定して稼働しております。しかし、小さな問題で気になる部分もあります。無視しても全然問題ないけど、なんとなく気持ち悪いぞって人も多いはず。そのうちベータ版もアップデートされて修正されるかもしれないけど、ネット上の情報やアップルのディスカッションボードに紹介されている方法で解決することにしました。

[時計のズレ]
Intel iMac上のWindows XPが起動時に10時間ずれてしまう問題。原因はOS XがUNIXベースなので使用する時間帯が「GMT(グリニッジ標準時)」であり、表示される時間は時差を設定してローカル時間にしてるのに対してWindowsはハードウエアでローカル時間を表示しているのでズレが生じてしまう。常時接続であればNTP(Network TimeProtocol)サーバーに接続して、自動補正してくれると思いきや、Windowsの変な仕様で1週間おきに更新になってるし…(゚Д゚;)
ディスカッションボードにいくつかの解決法が紹介されていました。

1.手動でNTPを更新→面倒くさい!!
2.レジストリを修正して24時間おきに更新にする→問題がおきるかもしれないし…。
3.フリーウエアを使用して起動時に自動補正→これだ!!

というわけでbeesknees.orgというサイトにある「TimeTune」というソフトを使用してみました。TimeTuneを起動するとNTPサーバーを設定する画面になります。デフォルトの設定でもいいけど「Appleアジア(time.asia.apple.com)」にしておきました(^_^)あとは環境設定にてスタートアップ項目に追加してあげれば起動時に自動的に修正してくれるようになります。簡単!!

[内臓スピーカー]
なんとBoot CampのWindows XPは外部スピーカー使用時にも内部のスピーカーが鳴り続けてしまう問題があります。これでは夜中に動画が見れないじゃないか!!というわけで調べてみるとありました。「内蔵スピーカーの無効化」です。これはレジストリの修正が必要なので修正は自己責任でお願いいたします。あと、デジタル出力の赤い光が気になる人はコントロールパネルの「サウンド、音声、およびオーディオデバイス」の「SigmaTel」で詳細タブを開き、一番下の「SPDIF」でデジタル出力を有効にするのチェックボタンを外せばOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です