Boot Camp

AppleがIntelベースMacでWindows XPの利用を可能にするパブリックベータソフトウェア「Boot Camp」を発表しました。

Windows XPのインストールディスクを持っているユーザはBoot Campを使って、IntelベースのMacにダイナミックに第2パーテーションを作成し、インストールに必要なドライバを含むCDを作成し、簡単にWindows XPをインストール可能になるとのこと。インストール後はコンピュータを再起動してOS XまたはWindows XPのいずれかを選択出来るようになるそうです。

OnMacの発表を受けてなのか慌ただしく発表された感は否めないBoot Campですが、純正でインストール作業が簡単なのは素晴しいと思います。なお、このソフトウエアの機能は将来OS X 10.5に標準で搭載される予定とのこと。マクによるとLeopardではトリプルブートも可能になるとか。しかもファインダーを一度に3つ開き、それぞれに違うOSを動かすことも可能になるとか。ものすごい楽しみだ〜!!

さて、自分も時間があればBoot Campを入れてみようと思うのですが
気になるのは

  • 日本語版XPでも大丈夫なのか?
  • OEM版でもインストールできるのか?
  • ビデオドライバなども動作するのか?

というあたりですかね。
[インストールに必要なシステム構成]
Boot Campを利用するためには、IntelベースのMacとUSBキーボードおよびマウス、または内蔵キーボードおよびトラックパッド、Mac OS Xバージョン10.4.6以降、最新のファームウェアアップデート、起動ディスク上に最低10GBの空きスペース、記録可能なブランクのCDまたはDVD、そしてシングルディスクバージョンのWindows XP Home EditionまたはProfessional(いずれもService Pack 2以降)が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です