フロッピー13台でRAID構築

何の使い道があるのか分かりませんが、USBフロッピーディスクドライブ13台とiBookをホストマシンにしてRAIDシステム「Mega Floppy06」なるものを構築してしまった人がいるそうです。

最初はWindowsマシンでRAIDを構築しようとしたけど、上手く行かなかったので古いiBookで試みたところ成功したとのこと。フロッピードライブはすべて6台のUSBハブを通してiBookに接続し、Mac OS Extendedでフォーマット。最初は20台接続しようとしたけど、認識されたのは13台だったようです。ちなみに容量は17.5MB程度。読み書きのスピードは70KB/秒

それにしてもシステムの名称「Mega Floppy06」って…。
そのまんまやん(|| ゚Д゚)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です