噂のMac mini

Macworld Expoで発表される!?と噂のIntelバージョンの「Mac mini」ですが、Think Secretによれば、コードネーム「Kaleidoscope」と呼ばれるそのMac miniはDVR機能、「Front Row 2.0」、3.5インチHDドライブ、iPod Dockなどを搭載するデジタルハブなマシンとなるようです。

iMacよりもMac miniのほうがSwitch向きなマシンですからね。Intelに移行するからには本気でシェア獲得を目指すのかも…。(あくまでもコンシューマー限定ですが)

ずっと否定してきたDVR(チューナー?)機能を搭載するということは、iTunesではまだ物足りないビデオコンテンツを自ら取り込めということかもしれません。「気軽にMacでTVを録画してiPodをDockに差し込み、すぐに動画コンテンツを持ち歩く」というスタイルが確立されればSwitchにも拍車がかかりそうですよね。シェア獲得とは大げさかもしれませんが、低価格、Front Rowによるイージアクセス、3.5インチHDDによる大容量化を実現すればリビングのデジタルハブとして十分に存在感を発揮するのではないでしょうか。

なかなか盛りだくさんの新Mac miniですが、これが本当なら即ポチっですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です