9・11を初映画化、監督はO・ストーン

ついに9・11が映画化だそうです。

9・11を初映画化、監督はO・ストーン – nikkansports.com
米映画大手パラマウント・ピクチャーズは8日、01年9月11日の米中枢同時テロを主題とする初の映画作品を制作すると発表した。
 タイトルと公開時期は未定。同時テロで崩壊した世界貿易センタービルのがれきの中から生還した人物を主題にドラマを展開する。
 監督は「プラトーン」や「7月4日に生まれて」でアカデミー賞を受けたハリウッドの社会派監督オリバー・ストーンで、主演は人気俳優のニコラス・ケイジという豪華コンビ。ストーン監督は「米国の英雄主義と、世界の人々が共有するヒューマニズムを探求する」と抱負を語っている。

どのような作品になるのか興味がありますが、9・11で亡くなった方々のご遺族から反対運動などが起きそうな気がしないでもないです。監督は言わずとも知れたオスカー監督のオリバー・ストーンとのことですので、ヘビーな内容になりそうですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です