Star Wars: Revelations

「Star Wars: Revelations」聞いたこともないタイトルに「?」となった人も多いと思いますが、実はこの作品、starwarsファンが自主製作した作品なんです。

グラフィック・デザイナーのShane Felux氏がカメラと脚本を担当し、クレジットカードで2万ドルを借り入れ、世界中のボランティアの人たちと製作した作品の上映時間はじつに40分にもおよび、さらにSFX(特殊効果)もプロ顔負けの内容となっています。サウンドトラックもイギリス出身の作曲家が担当した本格的な仕上がりです。

とにかく宇宙でのドッグファイトやライトセーバーでの戦闘シーンなど、特殊効果やSEなどがプロ並みのなんでビックリしました。まさしく歴史に残るアマチュア映画だと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です