MSN Music Storeが先か

MSN Music Storeのβ版が1日に開始されました。楽曲数は現段階では50万曲で1曲あたりの価格は0.99ドル、WEBから購入でき、新たに発表されたマイクロソフトのプレイヤー「Windows MediaPlayer 10」経由でも購入が可能になるそうです。

当初、Microsoftは楽曲ダウンロード販売には進出する予定がないとビルゲイツが語っていましたが、それは数ヶ月ですぐに覆されました。iPodがWMAやWMPに対応していないことに危機感をいだいたのでしょうか。

いずれにせよMSN Music StoreはMicrosoftのやることなので、資金力とOSの絶対的な優位性を後ろ盾にそれなりのシェアは獲得出来るのではないでしょうか。ダウンロード販売以外にも米国ではサブスクリプション形式の音楽配信がいくつか立ち上がるのでこれから本格的に競争がはじまりそうな気配です。NapsterやRealなどにとっては、ちょっと厳しい状況になりそうです。

MSN Music Storeですが、日本でもサービス開始を進めていて、この秋にはオープンする予定だそうです。となればiTMS日本版はどうなっているのかといえば、先日、Appleのバイスプレジデント・前刀氏が来年中までにはオープンする予定だとコメントしていましたが、アサヒドットコムの記事 の中に「アップルも日本で年内にサービスを開始する意欲を示している。」とありました。

もしかすると、そう遠くない時期にオープンするかも??

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です