CDコピー防止技術がiPodに対応か

現在、音楽CDのコピー防止技術を開発している米国Sunn Comm International社とMacrovision社が携帯音楽プレーヤー市場で高い人気を誇るiPodにも対応すべく技術開発を進めているそうです。(by IT media News )

新しい技術ではMP3をCDからリップするのと同じように携帯音楽プレーヤーで再生できるファイルを動的に作成でき、iPodに限らずあらゆる携帯プレーヤーで利用出来るようになるとのこと。

今まではというと、CDの中に2つの形式のファイルが収録されていました。コピー不可能のファイルとデバイスに移動可能なWMAのファイルです。WMAがWindowsPCでの標準プレーヤーだったこともあり、両社とも採用していたそうですがレコード会社からは評判が良くなかったとか。

となれば、単純にAppleが採用しているDRM技術「FairPlay」という技術をライセンスすればいいのではいいんじゃないの?と思いますが、フォーマットがAACに限定されてしまうのは問題です。(他のフォーマットにも応用出来ればいいのですけどね)

とにかく、iPodの急激な成長はさまざまな分野に影響を与えているのは間違いないようです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です