輸入版CDが高くなる・・・?

すでにWEB上で話題になっていますが、「洋楽の輸入版CDが入手できなくなるかもしない」という話について。

今までは格安のUS版CDをアマゾンなどで購入出来たけど、メジャーレーベルがそれらの輸入割合を増加し、輸入権によって並行輸入に対する制限(というか輸出禁止措置がとれる)をかけられてしまうと、お高いCDもどき(CCCD)を購入せざる得ない状況になってしまうかもしれない。

現在でもUS版CDのリリースを遅め、CCCDを先ず発売、セールス落ち着いてきたらUS版CDを販売するやり方が増えているようですね。これがCCCDしか販売されないようになったらどうなってしまうのか・・・。

国内CDは再販売価格維持制度によって価格を維持し、輸入格安CDについても輸入権によって価格を維持(それどころかCCCDみたいなものを売りつける)している日本のような国は世界的にも例がないそうです・・・。

本当に日本の音楽業界には困りましたね。
洋楽ファンにせめて選択の自由を与えてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です