信号機について

会社の後輩と信号機の話で盛り上がった。あの、青・黄・赤の信号機である。なんでも、日本中の信号機を現在の電球タイプから発光ダイオード(LED)に交換すると原子力発電所一基がいらなくなるらしい!!

その話に興味を持ったので早速家に帰ってからgoogleしてみた。ふむふむ。経済産業省が発表した資料によると、LED式の信号機は電球式に比べること1/8の消費電力で済み、原油換算で年間21万キロ・リットルの節約になるそうだ。しかもLEDの寿命が電球式に比べると10年程度長いので維持費用も抑えることができる。しかも、発色がよく日差しに当たっても鮮明なのでドライバーが見間違えることもないようだ。
いいことだらけのLED式信号機だが、やはり値段も3割アップになってしまうそうで、現在の復旧率は1%台にとどまっている。しかし、経産省が設置費用の半額を負担するなど行政も積極的にLED式信号機の普及に取り組んでいる様子。最終的にはすべての信号機を交換したいよう

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です