死後長者番付

以下アサヒ・ドットコムより。すごいよ、エルビス・プレスリーって。

米誌フォーブス(電子版)は24日、死んだ後でも、なお高収入を得ている有名人の番付を発表し、歌手のエルビス・プレスリーが年収4000万ドル(44億円)で1位となった。
2位以下は犬のスヌーピーで知られる漫画家チャールズ・シュルツ(3200万ドル)、「指輪物語」が映画化された英作家J・R・R・トールキン(2200万ドル)、元ビートルズのジョン・レノン(1900万ドル)の順。女優マリリン・モンロー(800万ドル)、歌手フランク・シナトラ(700万ドル)はそれぞれ10、11位だった。
02年9月から1年間のCD、出版物の著作権料などを元に算出し、500万ドル以上を稼いだ19人を紹介した。

上位10人は以下のとおり。

(1)エルビス・プレスリー
(2)チャールズ・シュルツ
(3)J・R・R・トールキン
(4)ジョン・レノン
(5)ジョージ・ハリソン(元ビートルズ)
(6)セオドア・スース・ジーセル(児童文学作家)
(7)デール・アーンハート(レーサー)
(8)トゥパック・シャクール(ラップ歌手)
(9)ボブ・マーリー(レゲエ歌手)
(10)マリリン・モンロー

このリストを見れば著作権というものがいかにすごいことなのかがわかるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です