ろんぐほーん

WindowsXPの後継となるOS、ロングホーン(開発コード名)が27日、ロサンゼルスの開発者会議で初披露された。ビル・ゲイツは「過去10年間、ウィンドウズ95以降で最大のリリースとなる」 とのべ、セキュリティの強化やWEBサービスとの統合、ファイルシステムなどが大幅に変更されるようだ。

まだ、決まったわけではないだろうが正式名称はどうなるのだろう?XPもちょっといまいちだと思うんだけど、最近はアドビやマクロメディアまでバージョンナンバーを数字からアルファベットの組み合わせにしたように、このロングホーンもファイルシステムを「ウインFS」、開発環境は「ウインFX」などとしている。OS Xみたいに一文字では表現できないのかな〜。「windows Z」とか。なんかドラゴンボールみたい…。それから、ロングホーンの市場投入は遅れていて2006年になるいう予測が多い。ジョブスがWWDCのプレゼンの中でPANTEHERのリリースの早さをのろまな牛の映像(ロングホーンのこと)を使用して皮肉っていたのを思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です