107円

高が進行している。今日は107円台で取引が続いたが105円までいくのではないかとの見方も出ている。このまま円高を放置すると輸出企業が深刻な打撃を受けることになるのは必至だ。円高により数百億円の減益要因となるからだ。ほとんどの企業では想定レートを10円円高ドル安の基準に変更するなど対応に忙しい。

こんなときに海外旅行すると安くお土産が買えるのでいいのだが、わが家では投資信託の外貨ものを何本かやっているので面白くない。

115円前後で購入したものがほとんどだからだ。それ以外に日経連動型の商品が平均株価が少し上昇して来たのでだいぶ利益がでているので相殺されるような形となっている。このまま日銀の介入があって円安・株高になってくれれば…と都合の良いことを考えてしまう。今後、政府も投機的な円高進行に関しては介入するという姿勢を示しているが世界経済の動きは微妙すぎて難しい。やはり米国も不安要素が多いから外国人の投機家には日本が魅力的な市場なのかな?中長期的には上昇下降を続けながらもジワジワと株価は上がっていきそうな気配である。ただ、それが好景気とはいえないのが悲しいところだ。

さて、MMFを買い足しするか迷うところである。詳しい人アドバイスお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です