iPhone 7のケース

img_0122

iPhone 7のケース、皆さんはどれにしましたか?今回も発売日からかなりのメーカーの商品が並んでいて、量販店の店頭では、あれこれ手にとって迷っている人も多かったですね。私は今までJack Spadeのケースを使用してきたのですが、まだ、iPhone 7に対応していないようなので、それまではApple純正のレザーケースを使用することにしました。

img_0131

シンプル・イズ・ベスト!背中の林檎マークがさりげなくてかっこいい。やはりレザーは手に馴染みが良くて滑りにくいのが良いですね。個人的に、レザーケースは二つ折りのタイプよりジャケットタイプが好き。写真のようにiphone 7はレンズが出っぱっているので、薄型のシリコンジャケットなどはカメラがはみ出るケースあるのでご注意ください。

そんなわけで、しばらくはこのケースで行ってみたいと思います。

Pocket

iPhone 7(ブラック&ピンクゴールド)を購入。ついでにイヤホンもワイヤレスにしてみた。

img_0089

予約しなくても無印7ならすぐ買える。ただし色による。

予約していたiPhone 7 Plusが発売日には入荷しないとのことだったので、早々にiPhone 7に切り替え、発売日に無印7のブラックとピンクゴールドをゲットすることができた。家電量販店の店員さんに確認したところ、iPhone 7 Plusは発売日にはわずかしか入荷せず、iPhone 7に関してはジェットブラック以外は在庫があるとのことだった。予約販売のせいか店頭も落ち着いた様子。新型スマートフォンの発売に人々が熱狂して行列した時代も今は昔という感じでしょうか。

さて、まだApple Payが利用できない状況ではありますが、早速iPhone 7を使用してみました。iOS 10はベータで使用していたので違和感なく使えていますがiPhone 6Plusだったので画面が小さいこと、3D touchの押し加減に戸惑っています。(すぐに慣れましたが)

ホームボタンの設定はすぐに変更した

ちなみに、ホームボタンを押し込んでロック解除は面倒なので設定を変更しました。設定>一般>アクセシビリティ>ホームボタン>指を当てて開く

また、何かを設定していてホームボタンにグッとなる触覚も、設定>サウンドと触覚>システムの触覚をオフにすることでグッとしなくすることができる。

メッセージのエフェクト出ない人は視差効果をオンにしよう

あと、画面の視差効果を減らすの設定をオンにしていると、メッセージなどで文字にエフェクトをかける機能が利用できなくなるのでご注意ください。それにしてもメッセージのエフェクトてんこ盛りすぎ。世の中はLINEとか使ってる人が多いと思いますが、うちの家族はメッセージ活用しているので楽しいです。

使ってみての感想

iPhone 6 Plusから無印7への変更で画面サイズが小さくなったのは違和感があったけどすぐに馴染んだ。やはりこのサイズ感は使いやすい。スボンのポケットに入れておけるのでワイヤレスのイヤホンも使えるし。防塵・防水機能が強化され、今まで日本人がガラケーで当たり前だったことが実現されたiPhone7は正当な進化を遂げたのではないかと思います。これでApple Payが利用できるようになったらと思うと今から楽しみですね。その時は改めてレビューします。

img_0105

Monster / Clarity HD Wireless購入

ついでと言ってはなんだけど、イヤホンもワイヤレスに。9/15に発売されたばかりのMonsterの1万円を切るお手軽価格のワイヤレスイヤホンだ。Bluetoothで接続するタイプなんだけど、充電は1.5時間で5時間の連続再生が可能。最近は8時間連続再生が可能なモデルも多いけど、iPhone 7に対応したイヤホンを聴き比べてみた結果、ClarityHD High-Performance Wireless Earbudsに勝る迫力のあるサウンドのものはなかった。(Lightningケーブルでアンプ内蔵したタイプのイヤホンが音圧があってよかったけど)

なぜ、ヘッドホンにしないかというと、私はお昼休みに会社の近所のコーヒースタンドや公園にぶらりと出かける時に音楽を聴く。そういった時にサッと取り出せて聞けるのはイヤホンだから。単純にそれだけの理由。

とにかくハウジング部分も大きいのでド迫力のサウンドが特徴的。接触ノイズもなく、歩きながらでも全く問題ない。もちろんマイクで通話することも可能だ。これは久々に良い買い物したなと思った。購入はeイヤホンさんで。Amazonとかではまだ売ってないようです。

Monster
https://www.monsterproducts.com/ClarityHD-Wireless-Earbuds

Pocket

iPhone 7出ました!

design_hero_large

Appleの新製品発表会、久々にライブで見てしまった。翌日は展示会3軒はしごして、終わった後に懇親会だったので眠いのなんの。帰りの電車で座ったら絶対アウトだと思って、立ってたけど・・・立ちながら寝てたよ😰

というわけで、昨日はどこに行っても新しいiPhoneの話題でした。聞かれるのはどこが変わったの?ということなんですが、A10プロセッサになって2倍速くなったよというのは置いといて、外観は最近のモデルを踏襲しているので見た目的な変化はほとんどないんですね。でも、機能的にはすごい変化があって、日本的には必須とも言われていた防水機能、そして一番の目玉はSuica定期やiD、QuickPayなど電子マネーへの対応しました🙌

applepay_medium

 

会社でもその話題で持ちきりだったんですが、なんと現時点では定期はSuicaのみの対応で、Pasmoは未対応らしいですよ(モヤさま的に読みます)

私はPasmoなんで、そこで一気にテンションが下がったのですが、よく考えてみたらJR側で定期券買ってSuica定期に変更してしまうことが出来たので、そこは何とかなりそうです。

hero_large

カラーはスペースグレーがなくなって、ブラックとグロッシーな仕上がりのジェットブラックが登場しました。(ピアノブラックって言ってたの誰だ)これ、すごくかっこいいね!でも指紋が目立ちそうだから私はブラックが良いと思いました。

それから、イヤホンジャックがなくなって、ライトニング式のイヤホンに変更されました。同時にワイヤレスのイヤホンAirPodsも発表されましたが、デザインは非常に微妙です。耳からうどんが出ているみたいです😁

img_8851

ドイツのメーカーBragiのワイヤレスイヤホンの方がかっこいいですね。こちらはちょっとお高いですが、イヤホンでいろんなこと出来ます。欲しいです。

ただ、ライトニングのイヤホンでもリモコン部分にアンプとDACを搭載したコンパクトなイヤホンも出てきそうです。音質的にはそちらの方がダントツに良いと思うので、しばらくは様子見かな。

そんなわけで、色々とご意見あるかと思いますが、私個人的にはiPhone7は正常進化だし、iOS10ガシガシ使いたいし、これはこれで良いと思いました。

 

Pocket

藝祭2016行ってきました

IMG_4744

今年も藝祭に行ってきました。今年のタイトルは「応答せよ 応答せよ」。80年代風のポップなポスターが目印です。入り口付近には恒例の藝祭みこしがディスプレイされています。この神輿は毎年、一年生が作るらしいけど、モチーフの選定や神輿としての造形を考えて製作する過程が楽しそう。発泡スチロールがベースになっているので削る作業は大変そう。。。

とにかく藝祭はよく歩きます。キャンパスは広いし、階段の昇降が多い。エレベーターがあったら、迷わず活用した方が良いと思います。iPhoneのトラッキングによると大体16,000歩くらい歩き、ビルにして19階分ぐらいを登ったと記録されていて驚いた。実際、足がパンパンになる。でも、作品を見ている間に、階段の踊り場や教室から覗く上野公園の豊かな自然と、その背景に広がる都会とがレイヤーとして重なる風光明媚な景色が素晴らしくて心癒されます。

毎年同じようなこと言うけど、表現者たる学生たちの自由で奔放な作品は本当に素晴らしくて、創作のエネルギーを感じる。難解な作品が多数だが、プレゼンボードもしっかりと用意されたプロ顔負けのコンセプチャルな作品もあったりする。あと、セルフプロデュースというか、自分をキャラクターとして前面に出している人が多いと思った。この辺が他の美大生とはちょっと違うような気がする。

上野恩寵公園の噴水広場から藝大までの道には学生たちがアクセサリーや器などを販売する露店が並び、多くの人で賑わっています。お客さんとやりとりする学生さんたちの初々しい姿は見ていて楽しいです。将来大物になる人の作品が売られているかも!?

というわけで、今年も藝祭楽しかったです。自身の創作意欲というか、良い刺激になって仕事のモチベーションが上がるのは間違いないです。本当は音楽学部のクラシカルなコンサートも見たいのだけど、相当な行列なので時間のあるときにゆっくり楽しみたいと思います。

Pocket

Appleのスペシャルイベントは9月7日(日本時間8日午前2時)

2016specialevent

すんごい久しぶりにAppleネタ!

新しいiPhone 7がお披露目されると噂されるAppleのスペシャルイベントが9月7日に開催されると発表がありました。はい、日本時間は8日(午前2時)です。

ついでにと言ってはなんですが、Apple WatchやMacBook Proなんかも出るかもしれないと言われています。個人的にはiMacなどのアップグレードを期待したいところです。現行モデルはいくらなんでも性能がしょぼすぎます。真面目にCore i7の安いWinマシン買おうかと思う今日この頃。

さて、肝心のiPhone 7ですが、デザイン形状は現行モデルとの差はほとんどないようですが、噂されている情報をまとめると

  • イヤホンジャックなくなる・・・Lightningでつなぐ?またはUSB TypeC?
  • 防水仕様・・・これの部品の調達のせいで初回は品薄になるかも。
  • フェリカ搭載・・・これは数年前から出ては消えている噂。

最近のスマホは性能も十分なのでおサイフケータイとか嬉しいですよね。海外では劣勢に立たされているiPhoneですが、日本ではフェリカ・おサイフケータイを搭載するとiPhoneの優位性が維持できる気がしますよ!

Pocket

ローレンちゃん祭

いやー暑いですね💦今年はラニーニャ現象だかのせいで特に暑いそうです。NASAによると観測史上一番暑い夏を記録したとかなんとか。そんな暑さに負けそうな貴方、我らがローレンちゃんの可愛いさに癒されてみてはいかがかな。最近の動画をいくつかご紹介。音楽番組や他のバンドのライブにお呼ばれして歌うこともあったりと、ますます忙しそうなローレンちゃんですが、歌唱力もパフォーマンスもどんどんパワーアップして嬉しい限りです。みんなで応援しましょう!

Death Cab For Cutie – Brothers on a Hotel Bed feat. Lauren Mayberry – Firefly Festival 2016

CHVRCHES – This Is What You Came For (Calvin Harris ft. Rihanna cover) in the Live Lounge

The National ft. Lauren Mayberry Perform “I Need My Girl” at Treasure Island Music Festival

CHVRCHES – Full Performance (Live on KEXP)

Pocket

最近読んだ本

お盆休み、いかがお過ごしでしょうか?私は残念ながら家で仕事をやらなくてはいけない状況なので、あまり遠出は出来ないのですが近場の美味しいカフェに出かけたりして息抜きをしています。(息抜きの方が多い!)

さて、87号のエルアターブルの特集は、なんと「愛しのパクチー(と、ハーブ)」です。私、パクチーが大好きなんですよね。フォーは言うまでもなく、エスニック料理にはいつも山盛りにするパクチー。葉っぱをふんだん散らしても良いし、ソテーした鶏肉を乗せた丼ご飯にみじん切りにしたパクチーの茎の部分をナンプラーと醤油でソースにしてかけても美味しいですよ。特集ではパクチー料理やレシピを紹介。パクチー好きの永久保存版です。その他話題のビールペアリングの特集も!

進撃の巨人もついに20巻。物語もだいぶ佳境になってきました。ウォール・マリア奪還のためエルヴィンたち調査兵団が出撃。リヴァイはまさに鬼神のような強さですが、獣の巨人の策略に調査兵団はいきなりの窮地に。壁内で戦う104期メンバーも超大型巨人に苦戦しているところに鎧の巨人も現れて・・・どうなる人類!?最後は衝撃の展開になるわけですが、ますます目が離せない進撃の巨人。次巻が楽しみですね。

Pocket

夏のおすすめ音楽

暑い日が続いていますね。私は夏バテ防止のため、しっかり食べて、運動を心がけるようにしています。(ポケモンじゃないよ!)肝要なのはよく睡眠をとることです。寝不足だとフラフラしちゃいますからね。

とはいえ暑い日には外出して熱中症になっても困りますので、涼しい部屋で爽やかな音楽でも聞くのがよろし。今日はちょっぴり涼を感じさせる音楽をご紹介。

去年のアルバムですが、naomi & goroさんの「RIO, TEMPO」。オリンピックで盛り上がっているブラジルはリオ・デ・ジャネイロをテーマにしたアルバムです。naomiさんのクリアボイスとgoroさんの軽快なギターがとっても爽やかなひと時になること間違いなし!

もう一枚はheliosというセンチメンタル・エレクトロの「yume」というアルバム。タイトルは日本語の夢ですね。キース・ケニフ(Mint Julepとかgoldmundとかもやってる)がhelios名義で作っている作品。思い出の中の海辺の夕暮れなんかを想起させる独特のノスタルジック感、キラキラ感がたまらないですね。これもお勧め!Mint julepの新しいアルバムもいい。

Pocket

シン・ゴジラを見た!(少しだけネタバレ)

ネット友達が大絶賛していた映画「シン・ゴジラ」が気になって、昨晩レイトショーで見てきました。実は私、庵野秀明監督の代表作エヴァンゲリオンについては友人の家でアニメ上映会がやっていたのを断片的に見た程度で、ストーリーの詳細なんかはWikipediaで確認したレベル(汗)

そこまで庵野監督の凄さというものがわかっていないけど、今回見に行きたくなったのは、やはり少年の頃より愛した怪獣ゴジラが新たに作り直される姿をこの目で見たかったからだ。初代オリジンから、宇宙からの侵略者や未知の怪獣から日本を守る愛すべき怪獣へと進化しつつ、その後は設定がリセットされたり、ハリウッドでリメイクされたりしてきたけど、ゴジラそのもののコンセプトは形骸化してしまった印象は拭えない。もちろんそれを否定するつもりもなく、今までのゴジラ作品も好きけど、前述の庵野監督が撮ると聞いて、その監督をよく知らないからこそ神秘性というか、期待感が高まった。一体どんなゴジラになるんだろう?予告映像を見る限り、リアリティと、初代ゴジラへのオマージュが見受けられるが・・・。果たして映画の内容は、完成度は如何程のものに???

そこまで期待感を募らせていたものだから、「面白かった!」「想像以上」という評判を聞いてしまい、いてもたってもいられなくなった。無謀にもゴジラ映画を見たことがないという妻を無理に誘って会社帰りに近所の映画館でレイトショーで見てきた。

・・・濃厚な2時間だった。とても面白かった。一言で感想は言い難いが、「新しいゴジラ(シン・ゴジラ)」という冠が与えらえる作品に間違いない。

エヴァンゲリオンのようなアニメ映画のテイストは随所に感じられたし、ナウシカに出てくる巨神兵など、既視感を感じる部分も多かったが、庵野監督が好き放題やった結果、今までのゴジラを神格化しつつ、新しい次元へと昇華させることに成功したように思う。

そして、映像を見ていて強く感じたのは3.11東日本大震災である。当時の政府や自治体のオペレーションを彷彿とさせる会議場でのシーンを映画の中いたるところに組み込んでいて、決断までのプロセスの複雑さや、未知なる災害への対処がいかに困難なものであるかを表現している。そこを問題提起しつつも、日本人の底力というか、団結の素晴らしさを映画の根底にしっかりと描いているあたり、見ているうちに胸が熱くなってきた。(血液凝固剤を注入して全滅した第一小隊とか、原発の時の決死隊と重なるものがあります)

個人的にはゴジラ史上において最も異端で、最も引き込まれた作品であると断言します。同行したゴジラ未経験の妻も率直に面白かったとのこと。もう一度見たいと思わせる。セリフもテロップもBGMのように早回しなので、もう一度確認したいし、映画に出演する俳優陣もほんの端役で出てくるものだから、ウォーリーを探せをしてみたいですね。

とにかく、細かい部分は実際に映画を見ていただきたく、感想はこの辺で終いにしたいと思います。

余談

ハリウッド版のゴジラは続編を作る気らしいけど、この映画の後だとやりづらいだろうなぁと老婆心で思ったのであった。

Pocket

フジロック2016(7/22)

7/22(金)オンリーですがフジロック行ってきました。今回の目当てはJames Blake、Sigur Rós、Disclosureです。会場までは東京駅から上越新幹線で。駅弁とビールでテンションを上げて出発。越後湯沢の天気は晴れ。週間予報によると3日間とも晴れということで最近のフジロックは天気に恵まれているようです。

今年は20周年だからなのか、レッチリとベビメタのせいなのかわかりませんが、とにかく人が多かった。物販も屋台もトイレも行列がすごいのなんの。というわけで一日なんでフルにライブ楽しむ予定です。まずはグリーンステージのトップバッターのBoredomes(ボアダムス)です。即興、ノイズ、実験的なライブパフォーマンスが圧倒的でした。

途中でホワイトステージへ向かい、LA GOSSA SORDAのライブへ。なんと彼らの活動の最後のステージがフジロックとのこと。メンバーも思い入れたっぷりにノリノリの楽しいライブでした。モッシュで砂埃が舞い上がり本当のホワイトステージになってしました。足元が泥々よりはマシだけどね!

昼は美味しいパエリアとサングリアと食べてからBiffy Clyro(ビッフィ・クライロ)のライブへ。上半身のタトゥーが迫力のある彼らですが轟音やシャウトだけでなく、メロディアスな曲や美しいコーラスも魅力的。

続いてはポスト・アデルと注目されている19歳のSSW、Låpsley (ラスプリー)のライブへレッドマーキーへ。すでに会場は人で溢れかえってました。彼女の力強く美しい歌声とメロディーラインにうっとりしている女子が多かったです。

それからグリーンへ戻ってJake Bugg。暑かったので木陰に退避してゆっくりと椅子に座って鑑賞しました。鼻にかかった独特の彼の声質はTom Odellにも似ていると思う。すでに大物感が漂う迫力のライブでした。才能あふれる彼の今後に期待しています。

再びレッドマーキーへ移動してCourtney Barnettのライブを見る。オーストラリア出身の彼女は2015年デビューとのこと。グランジな曲とルックスとのギャップがいいですね!

次はお待ちかねJames Blakeのライブ。やはり大物だけあって人の集まりも早い。ライブが始まり、ルコックのトレーナーというラフなスタイルでジェイムスが登場。デビューアルバムから聴いているけど、どんどん扱う音も音楽の幅も広くなって進化している気がする。彼の美しいソウルフルな歌声とソリッドなサウンドに会場は圧倒されていたと思う。

そのあと、Flight Facilityは少しだけ見て、夕飯を食べながらSIgur Rósのライブまで待機。少しだけ肌寒くなったので上着を着る。

いよいよSIgur Rósのライブ開幕。ステージに神秘的な映像が投影される。ブラインドのような幕があって、裏側にいるメンバーが隙間から見えるような感じ。先日の六本木のMOGWAIのライブみたいだったら残念かなと思いながらも音楽の盛り上がりに合わせて幕が開くと会場は大歓声に包まれた。この瞬間、全身の鳥肌が立った。その後も圧倒的な音楽が続く。美しいメロディと轟音とに包まれた多幸感がヤバイです。映像演出も素晴らしくて、ここ最近の中では一番美しい幻想的なものでした。

そして、ラストはDisclosureです。グリーンから急いでホワイトに移動。すでにエリア一帯が大混雑です。Disclosureの最近の人気は凄いですね!なんとか人をかき分けて前の方へ。海外フェスのようにヴォーカリストのゲスト出演がないのが残念ですが、それでも彼らのライブパフォーマンスは最高。ダンスフロアーと化したホワイトステージが熱気に包まれてムンムン。A Fire Starts To Burnmとか脳汁出ますよね。ステージの演出も海外フェスでも見ないような新しいものになってたように思います。最高でした!

というわけで私のフジロックの一日は終了しました。トータル25,000ぐらい歩いたかな。そのあと、越後湯沢で温泉入ってバタンキューでした。疲れたけど本当に楽しかった。残念なのはDisclosureのTシャツが買えなかったこと!

Pocket