デリカテッセン「ハンス・ホールベック」へ行く

本日は守谷にあるドイツの伝統的な製法による自家製ハム・ソーセージとビアレストランのお店「ハンス・ホールベック」へ行きました。

店主である小島さんはドイツで語学も学び、ハム・ソーセージの店「ハンス・ホールベック」で住み込みで修行して、製造や経営まで任されるように。その後、ドイツの食肉コンテストなどで数々の受賞をおさめ、帰国されてからはしばらく食肉加工事業の開発やコンサルなどをされていたそうです。そして1997年に自らの製品を販売するために守谷に「ハンス・ホールベック」を開店。2004年にはドイツ食肉マイスターの国家資格を取得。

駐車場が少なく、30分くらい待ちましたが、店内に入ってからはすぐに席に着くことができました。ランチメニューのAセットとBセットを注文。Aセットはドイツの名物ソーセージの4種盛りブラートヴルスプレート。Bセットはグレービーソースがけのローストポーク。その他コンビーフとアイスピックの盛り合わせ、薄いクラフトのドイツ風ピザを注文。セットのメニューは前菜のサラダ、パン、オニオンスープも付いてくるのでかなりボリューム満点です。

Aセットのソーセージは粗挽きだけでなく、なめらかな舌触りのドイツソーセージなど、どれも美味しかった。Bセットのローストポークはオーブンで程よく焼かれていてジューシーで柔らか。セットだけでも相当お腹いっぱいになりますが、ドイツ風ピザが美味しいので是非食べてみてほしいですね!

お土産にフライシュケーゼとドイツソーセージを購入。朝ごはんが楽しみ。

Pocket

映画「ウォークラフト」予告編

Blizzard Entertainment社のRTSゲーム「WarCraft」がついに映画化!もう何年も前から噂話として上がってはいたけど昨年トレイラーが登場して本当だったのかと驚きました。映像技術も相当クオリティが高くて興奮しちゃいます。監督はなんとデヴィッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズ監督。

WarCraftは剣と魔法の世界アゼロスを舞台に人間、オーク、ドワーフ、エルフなどの種族が生死をかけた戦いを繰り広げる大人気のRTSゲーム。ゲームの背景となる世界観がとてもしっかりとしていて、それぞれの種族に特徴的なキャラクターがいるのが魅力的です。この世界観をそのまま引き継いだのが世界1200万人の会員登録を記録したMMORPGの「World Of Warcraft」です。

公式サイト:http://warcraft-movie.jp

Pocket

Radiohead「A Moon Shaped Pool」

Radioheadの新しいアルバムをこの2週間くらいヘビロテして聞いてます。トムヨークの心象風景というか、現在の心境を紡いでいるんでしょうけど相変わらずの不惑なダークネスに心躍りますね。美しい音楽ではあるのは間違いないけど、不穏なメロディと歌詞は間違いなく聞く人を不安な気持ちにさせてくれる、でも聞いているうちになんだか落ち着いてしまう中毒性がヤバいです。PVも可愛いパペットが出てきたと思ったらテーマは魔女狩りだったというね。一見平和な村でも他者(異教徒)へは残虐なことも平気で行ってしまうという世の中の恐ろしさをさらっと描いています。いつもながら風刺がきいてるRadioheadでした。

Pocket

古いiMacにSSDを内臓して高速化してみる

昨日の今日でコレ。

SSD速いね〜!と感激したのもつかの間。どうにもこうにも気に入らないのが外付けHDDケースのブルーのランプ。ピカピカ眩しくて寝室にあるiMacが就寝中でも青く光ってます。HDDは自動電源オフタイプではなく、スイッチ式なので勝手に消えてくれるわけでもなく。眩しくて本当に困ったもんだ。いろいろ考えた結果、SSDをiMacのHDDと交換してしまえばすべてを解決できるという結論にたどり着く。善は急げということで早速iMacの開腹手術を行いました。

iMacの分解についてはネットで色々と情報が出ているので分解手順についてはそちらをご覧ください。私は注意点だけまとめようと思います。

  1. 必要なのはトルクドライバー(T10)とピンセット。注意したいのは、ドライバーの軸部分が太いと、iMacのディスプレイを取り外す時に隙間にドライバーが入らない。100円ショップなどで差し替え式のトルクドライバーが売っているが、ちゃんと隙間に入るものなのか確認が必要。また、外したネジを戻す時にマグネットが強いので、ピンセットなどがあると便利。
  2. SSDを内臓HDDと交換する場合には3.5インチに変換するマウントなんかもあったほうが良いかも。私は直接両面のスポンジテープで貼り付けました。
  3. また、開腹手術中はホコリがディスプレイに着いてしまいます。エアダスター(スプレータイプ)は必須です。私はお風呂場でやったのであまりホコリは舞いませんでしたが、もし間に入ったままだとドット欠けのようになってしまう。
  4. ディスプレイのガラス取り外しには100円ショップの吸盤式フックで問題なし。真空式など高価なものは必要ないです。iMacの画面上部の左右に取り付け、少しずつ引っ張れば簡単に取れます。(新しいiMacは粘着テープで固定されてる?)
  5. ディスプレイ本体の取り外しは注意が必要です。上側と下側に基盤へと繋がる配線があるので、勢いよく開けてしまうと千切れてしまう可能性が。10cmほどそーっと開けて、まずは上部の細いケーブルを外します。コツはケーブルの根元を持って手前に引く感じです。くれぐれも上に引っ張らないでください。HDDだけの交換であれば上部のケーブルだけ外して、ディスプレイを本体から浮かせたまま、ペンなどで支えてあげれば作業が楽になります。
  6. HDDは固定してあるネジ2か所を外して上に持ち上げれば簡単に取り外しができます。この時、向かって左側に3本ほどケーブルがあるので全部抜いてしまいましょう。SSDを取り付け、ケーブルを差せば交換完了です。
  7. iMacにはHDDに温度センサーのケーブルが取り付けられていたので、SSDに交換すると温度センサーケーブルが使えないため、ファンが勢いよく回ることになります。ケーブルをショートすればファンが低速で回るようになる裏技もありますが、私はファンの回転数をコントロールするアプリをインストールしました。1時間もあればSSDへの交換作業は完了です。(新しいiMacは温度センサーケーブルなし)

それにしてもSSDは内にすると当然のことながら外付けより超高速になりました。そしてパソコンの電源と連動するので便利。というわけで、やっぱり内蔵ですね。朝令暮改ではないけれど、今回はやってみていろいろなこと勉強できたので良かったです。

Pocket

古いiMacを外付けSSDで高速化してみる

我が家のiMac 2009年モデルの内臓HDDがやたら異音を立てるようになったので、こりゃ危ないかもね、と言っていた矢先にクラッシュ。幸いにして大切なデータはiCloudと外付けHDDにバックアップしていたので大丈夫でしたが、もうHDDは寿命が近そう。初期化したら普通に使えたが、iMacもだいぶ古い。Bluetooth Low Energyも使えないし、ThunderboltもUSB3.0もない。

とりあえず、HDD交換すれば使えそうだけど、ご存知iMacは開腹手術が面倒なマシン。ディスプレイの取り外しは吸盤使えばすぐ空くようだけど、ガラスに埃がついてしまったり、温度センサーの取り付けが必要だったりと面倒。

HDDよりはSSDの方が高速になるだろうと思い、いろいろと調べているとどうやら外付けににして使っている人が多いので、早速真似してみることにした。iMac 2009はThunderboltやUSB3.0という高速なI/Oが搭載されていないけど、FW800があるので、このFWのインターフェイスが備わった外付けのケースを探してみることにした。

候補はこの二つ。

アミュレットの商品は安いけどUSBが2.0としょぼい。結局迷った挙句USB3.0も備わった OWC Mercury On-The-Go Pro USB3.0 & FIREWIRE 800にした。(将来的にUSB3.0でも使えるようにと思ったので)こちらOWCはアマゾンで¥ 13,980であるが、海外で直接購入してUSPSで送ってもらえば本体$72.99、送料$13.91で送ってもらえる。というわけで早速ポチっ・・・。

さて、購入してから数日後、発送しましたメールが来たのですが、中身を見てかなり焦る。Paypalで決済をしたんですが、登録言語が日本語になっていたので、送付先の住所がもちろん日本語になってしまった。郵便番号と番地の数字部分は問題ないのだが、漢字の部分が全て「???」と文字化けしているではないか・・・。英語でサポートにメールするも「商品は昨日送っちゃったので変更できないのでゴメンなさい!何かあれば遠慮なく言ってちょ!」という返事が。とりあえず、もう少し様子を見守るにした。

ちなみに4/25に買い物してからTransit Post office到着が4/28、アメリカ出発は4/29だった。日本への荷物到着は5/1である。そしてなんと、5/6に荷物は無事に到着した。少し時間がかかった気もするけど、送料も安いので仕方ない。それにしても宛先住所の日本語部分が「???」でよく届いたなと感心。まさか郵便番号と番地と名前だけで届くなんて。素晴らしい!

早速、到着したHDDケースにSSDを装着してみる。基盤上にSSDを差し込んでネジで固定。さらにアルミの冷却台に固定して、プラスチックケースに取り付ければ完成である。iMacとの接続は付属のWireWireケーブルで行う。

そして、SSDの初期化作業。内臓HDDのリカバリーボリュームから起動してSSDにOS Xをインストールすれば完了。FireWire800とSSDの組み合わせはデータのコピーも早い。Macの起動時間やアプリの起動も劇的に速くなり、PhotosやiTunesのファイルの表示もかなり高速になった。

購入したSSDはコレ。480GBでこの値段、安いね!

というわけで、わずかな費用で快適な動作になったので嬉しい。もちろん、SSDとの接続もThunderboltやUSB3.0が搭載されたMacであればもっと速くなるだろうけど、今はこれで十分。あとは内臓HDDが自動でマウントされないようにするだけ。ターミナルから自動マウントをオフにできるらしいのだけど。もう少し調べてみようと思う。

PS.こうやったら自動マウント解除できた

$ sudo nano /etc/fstab
UUID=(自分のHDDのUUIDを調べて入れる) none hfs rw,noauto
Pocket

ゴールデン・ウィーク

皆さんゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたか?

我が家は最近は子供が部活でいないことが多いので近所に買い物に行ったり、ポタリングしてのんびりと過ごしました。昨日は長女と、KITTEにある東京大学博物で剥製などの展示品を見たり丸ビル界隈でショッピングして散策。そして、本日は妻と二人で千葉県は野田市にある関宿城博物館までポタリング。結構な距離ですが、道中は江戸川の長閑な景色を見ながら会話してたらあっという間に着いてしまった。途中、関宿にあるグライダーの滑空場(?)があって、セスナに牽引されて飛び上がるグライダーが気持ちよさそうでした。

関宿城は室町時代に築城された城で、戦国時代は江戸城を守る関東の最重要拠点だったそうです。城は明治維新後に民間に移譲された後に失われてしまったそうですが、平成7年に復元されて博物館として開館したとのこと。城内は資料館となっていて、利根川・江戸川の治水についての歴史的資料や関宿藩の展示品などが並んでいて、歴史好きな人にはたまらない内容です。

Pocket

PARIS オートクチュール展を見る

日曜日、美容院の帰りに三菱美術館にて開催している「PARISオートクチュール展」を見てきました。ファッションは好きだけれど、オートクチュールの世界は有名なメゾンの名前を知っている程度。どんな歴史があって、どんな作品が生まれてきたのかなんて、ほとんど知らなかった。展覧会では19世紀後半にパリで始まった高級仕立て服の歴史を、ドレスや小物などの130点にも及ぶ展示によって紹介。

刺繍や羽細工など世界最高峰の職人技術はすごいですね。その精巧さに思わず溜め息。クリスチャンラクロアなどのイブニングドレスは素人が見ても感動する荘厳な美しさだった。

一部写真撮影が許可されているエリアがあったの撮影してきました。(暗い部屋でフラッシュ撮影禁止なので画像が悪いです)

・PARIS オートクチュール—世界に一つだけの服(5/22まで)

http://mimt.jp/paris-hc/

 

Pocket

MOGWAI と The Lumineers の新しいアルバム出たよ

お待ちかね!フォーク・ロックバンドのThe lumineers(ザ・ルミニアーズ)のセカンドアルバム「Cleopatra(クレオパトラ)」がリリース。なんと全米・全英のヒットチャートで初登場1位となったそうです。デビューアルバムがいきなりのミリオンヒットだったのですが、このアルバムはさらなる大ヒットとなりそう。この人たちの音楽ってシンプルだけど魂に響いてくる。そして、ライブはパフォーマンスも素晴らしくて楽しいです。こんなに素晴らしいバンドなのに日本語の情報が少ないのが寂しいところ。

続いて来月に来日ライブを行う、もはや伝説のポストロックバンドだと自分では思っているMOGWAIの新アルバム「ATOMIC」です。なんでもこのアルバムは広島の平和記念公園を訪れてインスパイアされた作品なんだとか。もともとはBBCのドキュメント番組のサウンドトラックだったものを作り直したんだそうです。音の揺らぎと静かな旋律がまるで鎮魂歌のようにも思える。今回のアルバムはなんとも心穏やかになるアルバムだ。今までのMOGWAIは「夜」というイメージがあったが、今回は「朝霧」というぐらい正反対な印象。でもしっかりMOGWAIならではの壮大さがあって素晴らしい。

Pocket

春になると家電が壊れるの巻

ご無沙汰しております!

桜の花も完全に葉となってしまいましたね。少しずつ陽気になり、春のコートすらいらなくなってきました。まさに春爛漫といった感じ。毎年おなじみの通勤電車のフレッシャーズの姿を見つけては一年の始まりを感じるとともに、また今年も頑張るぞという気持ちになるのでした。我が家でもこの春から息子も高校一年生に、娘も高校三年生となり、朝の支度の時間も重なってなんだか慌ただしい日々となりました。いろんな始まりを感じる春です。

さて、そんな高揚する気持ちを一気に下げる出来事が。まず、我が家の掃除機が突如使えなくなりました。まだ買って数年しか経ってないのに!そして一つ壊れると連続して壊れるという法則が発動してしまい、メインマシンである27インチiMacが突然起動しなくなってしまいました(泣)

⌘+Rキーで起動してみると、なんとかボリューム自体は認識しているものの、ディスクユーティリティでの修復も出来ず。これはシステムファイルが完全に壊れているのか。こうなったらMacが起動しているうちにデータをサルベージしようと、もう一台のiMacにターゲットディスクモードでコピーしようと思い、よくよく調べてみたらもう一台のパソコンはThunderboltケーブルが使えなかった・・・。こうなったらFireWireケーブルを用意するしかないと思い、とりあえずAmazonで注文しておきました。

その間、ネットで友人とやり取りをしていたら、外付けHDDにOS Xインストールして起動して、データ取り出してみれば?と。そうだ、その方法もあった。OS Xをインストールするのは面倒だけど、とりあえず外付けのHDDにEl Capitanをインストールし、壊れたiMacに接続して起動すると、起動しない内臓HDDもマウントされ中のデータもすべてバックアップ取ることが出来ました。

それにしても、iCloud便利ですな。新規インストールしたiMacに再びiCloudでログインすれば、ブックマーク、キーチェーン、辞書、メールのデータすべてが元通りに。iCloudストレージにしまっておけば書類もバックアップできちゃいます。

というわけで、無事に復旧が完了。iMacもそろそろリプレースかもなぁ。ハード的に寿命が近い気がします。バックアップはマメに行うべし!

しかし、忙しい時に限ってトラブルとか起きるもので、今年も注意深く行動しなきゃいけないなぁと自戒の念にかられるのでした。FireWireケーブル無駄な買い物しちゃいましたしね!

Pocket

Apple設立40周年を40秒にまとめたムービー

Appleが4月1日に設立して40周年を迎えました。Youtubeに40年の歴史を40秒にまとめたムービーが公開されていました。ジョブズの不在だった時代はなかったことになってるのが寂しい感じですが・・・。そして本社のキャンパスには海賊旗が掲揚されているとのこと。

Pocket